一目千本の吉野山・二上山

 1日目4月7日(日)桜の吉野山

桜見ごろの時期に吉野山中千本に泊まり吉野山を満喫するというなんとも贅沢な山旅。下千本から奥千本の西行庵まで歩いた。結構な道程。下千本の桜は満開、中千本はほぼ満開、上千本は三分咲き、奥千本はつぼみ。この時期にのみ秘仏本尊が御開帳される金峯山蔵王堂に参拝。青い仏像は強烈なインパクトを与える。吉野と言えば桜、桜と言えば西行、やはり西行庵には行かねばならない。往復したのでだいぶ疲れた。18:10に投宿。翌日未明には雨が降ったが、7時頃には雨も止み、宿からは雨上がりのすばらしい桜景色を眺めた。
(写真上:早朝の中千本の桜)

2日目4月8日(月)万葉の山 二上山(ふたかみやま)

金剛山地北部に位置し、北の雄岳(517m)と南の雌岳(474m)の二つの山頂がある双耳峰。日が沈むころの二上山は特に美しい。文化9年刊行の谷文晁『日本名山図会』では全88座中、関西の山が26座を占め、勿論、二上山も入っている。二上山駅から雄岳を目指して登る。雄岳山頂にある悲劇の大津皇子の墓にお参りし雌岳で昼食、當麻寺(たいまでら)に下る。歴史の山、万葉の山を楽しんだ。
(写真下:當麻寺境内から眺める二上山)  (Y.M.)

 

<実施日>4月7日(日)~8日(月)  <参加者>7名

<コース>7日 吉野駅→金峯山蔵王堂→吉水神社→中千本→奥千本→西行庵→上千本花矢倉展望台→中千本の宿 8日 吉野駅~近鉄二上山駅→二上神社口分岐→雄岳 二上山→雌岳→當麻寺→近鉄当麻寺駅~京都駅

2019年04月23日