山行の報告

黒姫山(敗退)

 春分の日の連休を利用して北信の名峰黒姫山に登る。今季冬山の登り納めだ。計画では、初日に足慣らしで黒姫高原のスノーシュー散策、二日目に黒姫山アタックであったが、二日目の天候悪化を見込んで予定変更、初日に黒姫山に挑んだ。しかし登山開始が10時と遅かったため、山頂の最後のひと登りを残して時間切れ敗退を喫した。パーティのスピードと日没時刻を勘案しての判断。山頂こそ踏めなかったものの、夕刻まで終始青空が広がり、高妻山や戸隠山、飯綱山、妙高山、火打山など上越名峰群の素晴らしいパノラマを満喫するというボーナスをもらった。大橋登山口からの登りは、雪原状態の種池・古池を巡り新道分岐で大橋林道からの道に合流。その後は疎林帯の急登を経て稜線に上り、小黒姫を左手に見ながら本峰の頂きに近づく。2日目は雨のため観光に変更。苗名滝見学、戸隠神社奥社参拝をしたあと名物戸隠そばを賞味して帰京の途についた。(写真:古池から黒姫山を望む)(T.S.)

 

<実施日>3/21(土)  <山行参加者>8名

<コース>大橋登山口から往復

2020年03月29日

御坂山塊 十二ヶ岳 鬼ヶ岳

 御坂山塊の一角、西湖の北にある十二ヶ岳と鬼ヶ岳をつないで歩いた。前日に降った春の大雪で富士山地方一帯は美しい雪景色。新雪をまとった壮麗な富士を仰ぐ。心は踊る。最初の休憩で早々とチェーンスパイクを装着。新雪に新しいトレースを刻んで行く。本格的雪山登山だ。十二ヶ岳はどこからアプローチしても岩場を越えなければならない。雪の付いた岩場は手強かった。特に山頂から鬼ヶ岳に向かう途中の岩場は急な雪壁と化していた。凍りついたロープにしがみついて慎重に降りる。金山を経て鬼ケ岳まで続く稜線はアップダウンがあり汗を掻いた。ところどころ見晴らしの良い箇所で得られる富士山の眺望は素晴らしく、疲れを吹き消してくれる。陽光に反射して輝く富士の山肌、濃紺の水を湛える西湖、薄雪をまとった広大な青木ヶ原樹海。心を震わす景色に巡り合えた幸運に感謝です。(T.S.)

 

<実施日>3/15(日)  <山行参加者>9名

<コース>西湖十二ヶ岳登山口-十二ヶ岳-金山-鬼ヶ岳-鍵掛峠-根場いやしの里

2020年03月29日

大菩薩 小金沢連嶺

 早春の大菩薩小金沢連嶺を歩いた。冬季は登山バスが上日川峠まで運行していないので、往年の主要登山口である裂石からガッツリ歩くことに。道は踏まれており、ブナ林の中を快適に登る。入山者も少なく、冬枯れの木立を縫っての静かな登りは趣きがある。上日川峠で休んでいると、野鳥博士の仲間が目ざとくイスカの群れを発見。滅多にお目にかかれない珍鳥らしい。大菩薩峠から牛奥雁ヶ腹摺山までは小金沢連嶺と呼ぶ尾根道をたどる。樹林帯の日陰は残り雪が凍って滑りやすい。足元をすくわれないよう慎重に歩く。石丸峠や小金沢山手前の狼平(写真)には広い笹原が広がる。羊の群れが出てきそうな高原。陽光が降り注ぎ気持ち良い。眼下に青い水を湛えた大菩薩湖。その遠方に冬まだ去りぬ白い南アルプスの峰々が一望できる。下山は、牛奥雁ヶ腹摺山からまっすぐ西に伸びる尾根をたどり、ダムの下にあるペンションすずらんに降り立ち、ジャンボタクシーの出迎えを受けた。(T.S.)

 

<実施日>3/7(土)  <山行参加者>9名

<コース>裂石-上日川峠-大菩薩峠-小金沢山-牛奥雁ヶ腹摺山-ペンションすずらん

2020年03月29日
» 続きを読む