山行の報告

高尾山(ランの花を探して)

女性12名、男性1名(リーダー)の何とも素晴らしい構成での山行でした。従って集合は家事を済ませてからの10時に高尾山口駅。何時も通りに遅れて来たバスに乗り、大垂水下車。車の多い甲州街道を避けて林道に入ると今年も大量発生のキアシドクガの幼虫(毛虫)のお出迎え。殆ど意に介さずに大垂水の陸橋を渡り「都県境尾根」。下を向いて歩いて行くとキンラン、エビネがこれでもかと咲き揃い、更には貴重種のササバギンランも。満足して小仏城山で昼食。デザートに大きなかき氷を皆で平らげる。食後、縦走路でも(今年は当たり年?)のキンランを愛でながら歩き、もみじ台下で珍しいオオバウマノスズクサに出会い大喜び。その後、ツレサギソウ、サイハイラン、ヨウラクラン、カヤランといったなかなか観られないランを観ながらふじ道、1号路と下山。咲き始めたイナモリソウやハンショウヅルも確認出来、新会員も大喜び?の山行でした。(H.T)

 

<実施日>5月18日(土)  <参加者>13名

<コース>大垂水峠⇒(都県境尾根)⇒小仏城山⇒一丁平⇒(もみじ台南巻き道・5号路)⇒高尾山頂下⇒(5号路・ふじ道・1号路)⇒霞台⇒(1号路)⇒高尾山口駅

2019年05月24日

両神山

 日本百名山の一つ、秩父の名峰両神山に登りました。八丁峠から、連続する鎖場で知られている八丁尾根をたどって山頂に到達し、下りは薄川上流の新緑萌え立つ渓谷に沿った道を日向大谷に下る。ジャンボタクシーを利用することで、変化に富んだルートを日帰り山行で実現することができました。八丁峠から両神山頂までは、幾つもの急峻な岩ピークを超えていく岩稜ルートです。鎖場のアップダウンが続き緊張を強いられましたが、あちこちに咲く可憐なアカヤシオに癒されました。また八丁尾根は、アセビや日陰ツツジがひっそりと花を咲かせていて、険しい岩と癒しの花の見事なブレンドを味わうことができました。この時期の八丁尾根は、夏山で劔岳や槍穂を目指す人にとり格好の足慣らしの場を提供してくれると言えましょう。(写真:八丁尾根西岳付近より両神山を望む)(T.S.)

 

<実施日>5月19日(日)  <参加者>9名

<コース>上落合橋—八丁峠—両神山—清滝小屋—日向大谷

2019年05月21日

南高尾山稜~城山

 10連休最終日、高尾山の南をぐるっと回って城山から高尾山経由、日影に降るコース。新緑の中を短く登ったり下ったりのロングトレイルを楽しんだ。
高尾山口駅からケーブル駅方向に向かって歩き出してすぐ左折、国道20号を渡ってそのまま登山道に入る。10分ちょっと登って稜線に出、そこから南に稜線をたどると草戸峠、左手に城山湖が見え榎窪山に。ここから西向きに方向を変え、左に津久井湖があるコースを進むが、新緑に囲まれ見晴らしはあまり利かない。途中にある見晴らし台で街と湖と丹沢につながる山の風景を楽しむ。
一旦、大垂水峠に下って国道20号に再会したあと城山への登りがこの日一番の急登。城山での少し遅い昼食でデザートにデカ盛りのかき氷を楽しむメンバーも。
城山から高尾山へはメインルートを戻り、いろはの森を下るコースで日影に降りた。
曇っていたおかげでそう暑くもなく、長いコースも仲間で楽しく歩いた。高尾の駅そばの七輪のあるディープな焼肉屋で打ち上げの宴も弾みました。(Y.O.)

 

<実施日>5月6日(月)  <参加者>14名

<コース>高尾山口駅-草戸峠-中沢峠-大垂水峠-城山-高尾山-日影バス停

2019年05月07日
» 続きを読む