山行の報告

盆前山(ぼんぜんやま)498ⅿ

里山シリーズ27回目の盆前山に登ってきました。山行形態がソフトの上と書かれていたので興味がありました。高尾からバスに乗り、恩方営業所でおり、そこから登山口まで里山の雰囲気を味わいながら歩きます。バス停に降り目の前の欅の紅葉の綺麗さに驚き、民家の垣根に童謡「たきび」の歌詞に出てくる美しい山茶花が咲いていて、無人の野菜売店にユズの袋入りを見つけ、農家の方が無花果の収穫もしておりました。登山口の標識を確認し登り始めます。山頂までかなりの急登が続き心地よい汗をかきました。山頂までの尾根道でイノシシの掘り返している穴が幾つものあり、イノシシのヌタ場も見れ、立派な巨樹にも出会え、高野山で枝を箒の材料にしたのが名の由来のコウヤボウキの花も咲いておりました。下りは足元がわるいのでストックを使い滑らないように注意をし、道迷いにも注意をしながら安全に登山口までおりました。木々の間から陣馬山方面は見えませんでしたがメンバーの足並みが揃っていたので早めに下山でき、ちょっとハードで静かな趣のある里山歩きを楽しみました。(Y.U.)

 

<実施日>11月3日(木、祝) <参加者>7名
<コース>高尾北口―恩方営業所~登山口~前盆前470ⅿ~盆前山498ⅿ~前盆前~登山口~恩方営業所~高尾北口
2022年11月03日

笠取山

 登りから下山まで雲一つなく、風もなく、爽やかなすばらしい秋山日和でした。登山口からヤブ沢峠までは蒼穹の下、清流のせせらぎを聞きながら、紅葉の木々の間を誠に気持ちよく「源流の道」を歩いた。笠取小屋で小休止。小屋でコーヒーを飲みたかったが平日なので閉まっていた。小屋前からの大菩薩嶺と富士山の眺めがすばらしい。20分ぐらいで「小さな分水嶺」(多摩川・富士。川の分水嶺)、広々とした草原地帯、気持ちのいい場所、寝っ転がって昼寝でもしたくなる。ここで富士山、甲武信岳、これから登る笠取山などを眺めなら昼食を取る。山頂までは一直線の急登。山頂からの展望もよし。展望を楽しんだ後、山頂から南側少し下の次のスポット水干(みずひ)へ。水干までは岩場が続き少しやっかい。多摩川の水源があり、「東京湾まで138km」と書かれた看板。多摩川の最初の1滴がここから染み出し、流れていると思うと感慨深いものがある。小屋からはミズナラの紅葉が美しい一休坂コースを取ったが紅葉の見頃は一週間後ぐらいか少し早かった(昨年10月29日に登ったがこの時は感嘆すべき色合いの紅葉でした)。秋の日暮れは釣瓶落としと言われ陽が沈むのが早い。いい天気にも助けられ、全員のピッチも調和し予定よりずいぶん早く下山出来た。山を歩きながら、「いい天気だね!」、「いい山道だね!」と何回発したことか。すばらしい秋山登山を満喫しました。(Y.M)

 

<実施日>10/20(木) <参加者>9名
<コース>作場平口〜ヤブ沢峠〜笠取小屋〜笠取山〜水干〜笠取小屋〜一休坂〜作場平口
2022年10月20日

紅葉の那須連山と三斗小屋温泉

① 天候良好、紅葉を求めての山行である。駅からタクシーで登山口へ。次第に周辺木々の紅葉に期待は高まる。茶臼岳は気軽に登れる山で登山口付近はすでに渋滞である。まずは茶臼岳を目指す。標高を上げるごとに周辺山々の赤や黄色の美しい景色に心は踊る。峰の茶屋避難小屋から茶臼岳は小石や岩がある箇所もあったが軽快に登れた。頂上付近は風が強く昼食を早々にすませ、絶景ポイントの姥ケ原を目指す。姥ケ原・瓢箪池は噂に違わず麓に紅葉を抱く茶臼岳の姿は見事であった。そこから三斗小屋温泉までは、登り下りを繰り返し2時間ほどだった。
② 秘湯三斗小屋温泉を後にいきなりの登りで隠居倉へ、熊見曽根分岐から朝日岳は空身で軽快に往復。ここも登山客で大盛況であった。朝日岳から湿原地帯の清水平へ下り、変化に富んだ山域である。那須連峰の最高峰である三本槍岳の頂上は360度の展望で東北の山々も望めた。分岐から北温泉へ下り、今回二か所目の秘湯北温泉を楽しんで帰路についた。
(E.H.)

 

<実施日>10/15(土)、16(日) <参加者>9名
<コース>①峰の茶屋登山口~峰の茶屋~茶臼岳~姥ケ原~三斗小屋温泉
    ②三斗小屋温泉~隠居倉~熊見曽根分岐~朝日岳~熊見曽根分岐~清水平~
     北温泉分岐~三本槍岳~北温泉分岐~中の大倉尾根~北温泉~那須塩原駅
2022年10月16日
» 続きを読む