山行の報告

プロモ山 (インドネシア)

 6月インドネシア出張を利用して地元の友人と東ジャワのブロモ山(2,329M)とイジェン山(カワイジェン)に行ってきました。ブロモ山は阿蘇山のようなカルデラの内輪活火山です。ブロモ山から日の出を見るのがインドネシア人に人気の山です。
 麓のロッジから悪路を車で50分、徒歩30分で外輪山のピーク2,700Mまで登り、寒さに震えながら1時間以上待ち日の出を見ました。その後カルデラの中に車で下りてブロモ山へ登りましたが、リンジャニ山のように細かい砂のような火山灰がつもり歩くのに苦労しました。最後の急な階段を上るとお釜の中から噴煙があがっていて、火口の縁から日本では見られない砂漠みたいなカルデラと火山群の絶景を楽しみました。
 カワイジェンについては紙面が足らないので後日報告したいと思います。世界でここだけの絶景、火山流ブルーファイアーに感動しました。(K.T.)

 

<実施日>6/24(月)25(火)  <参加者>2名

<コース>ブロモ山(2,329M)、カワイジェン夜間山行

2019年07月05日

甲斐駒ヶ岳鋸岳縦走

 梅雨の晴れ間をついて甲斐駒ヶ岳・鋸岳を縦走してきた。無理な行程を避けるべく、南アルプス林道の起点にある仙流荘に前泊。翌朝今シーズン営業開始したばかりの林道バスを使って北沢峠に入山。初日は、仙水峠を経て甲斐駒ヶ岳に達し、六合石室の無人小屋に宿営。翌日は早朝から鋸岳の稜線を数々のピークを超えて第一高点まで辿り、角兵衛沢を下り戸台川の河原伝いに戸台大橋に帰還するロングルート。南ア唯一の岩稜バリエーションルートは、ルートファインディングの難しさ、アップダウンの激しさ、長く傾斜のきつい鎖場、そして蟻地獄のような角兵衛沢の長い下りがあり、総合的に見て難度の高いルートにしている。幸い2日間を通じて良好な天気に恵まれ、大きくルートを外すこともなく踏破することができた。13時間に及ぶ行程を歩き通し戸台にたどり着いた時の達成感はひとしおであった。(写真:縦走のハイライト:鹿窓の通過)(T.S.)

 

<実施日>6/21(金)22(土)  <参加者>3名

<コース>北沢峠—仙水峠—甲斐駒ヶ岳—六合石室−鋸岳—角兵衛沢—戸台

2019年06月29日

箱根 浅間山

 梅雨の季節の真っただ中、箱根の山と登山鉄道によるあじさいの鑑賞を楽しむ会山行が企画された。
箱根湯本に集合し、そこから古代の箱根越えともいわれる湯坂路をたどって浅間山(せんげんやま)に至る予定だったが残念ながら雨が降ったりやんだりの空模様。予定を変更し登山列車で小涌谷駅まで行きそこから山頂に登って宮ノ下駅に降りるショートコースに変更となった。小涌谷駅からすぐの「千条(ちすじ)の滝」(写真)をみたあと登りとなり狭くて少し石もあるルートを雨に打たれながら登る。しかしなだらかになった頂上では雨もほぼ止んで濡れた緑を楽しむ余裕があった。そのまま別ルートを下山したが下山道はより整備されている。下ったところで昼食を取り、宮ノ下駅まわりを少し散策した後列車で湯本駅へ下る。
列車の窓からはそろそろ盛りの色とりどりのあじさいが楽しめた。やはりあじさいには雨がよく似合う。湯本から送迎バスで近くの日帰り温泉に寄ってさっぱりして帰路につく。(Y.O.)

 

<実施日>6月22日(土)  <参加者>11名

<コース>箱根湯本駅=小涌谷駅-浅間山-宮ノ下駅=箱根湯本駅

2019年06月24日
» 続きを読む