日本一の星空・阿智村と恵那山

8月26日、今日の主目的は夜の「天空の楽園 日本一の星空」を眺めることだが、明日の恵那山の足慣らしとして伊奈郡松川町の里山、小八郎岳 (こはちろう、1,470m)に登った。登り下り2時間ほどの山歩き。南アルプスと伊那谷の展望がすばらしい。昼神温泉『山翠』チェックイン後、まずは2年前に天皇皇后両陛下が泊まられた姉妹宿の『伊那華』のお風呂に入った。『山翠』は申し分のないいい宿でした。夜は阿智村の星空観察。標高1,400mの高原から「日本一の星空」を眺めた。満月で天の川は見れませんでしたが、火星、木星、土星、いろいろな星座を眺め童心に還り心が躍った。8月27日、恵那山(2,191m)は岐阜県中津川市と長野県下伊那郡阿智村との境界上の山。美濃の最高峰、中央アルプスの最南端に位置する。宿を早めの5時30分に出発し駐車場に6:05到着。広河原登山口から登り始める6:45。頂上に10:30到着しゆっくりと昼食をとり、同じ道を下山した14:15。所要時間7時間30分。駐車場と登山口往復約1時間で計8時間30分。眺望もなく何の変哲もない山歩きでしたが、最短ルートでもあるこのルートを選択した。空の雲、里の栗、もう秋ですね。阿智村の日帰り温泉「湯ったり~な昼神」に入浴して帰途についた。(Y.M.)

 

<実施日>8月26(日)~27日(月)   <参加者>9名
<コース>8月26日 鳩打峠登山口~小八郎岳~鳩打峠登山口
     8月27日 駐車場~広河原登山口~恵那山~広河原登山口~駐車場

2018年08月30日