スマートフォンでは横向きでどうぞ

TOPICS

2019年会山行 立岩・荒船山

~むさしの山の会会報「やまびこ」1月号から~

 

 好天に恵まれた晩秋の一日、西上州の山懐に抱かれ静かな縦走を楽しんだ。三鷹駅よりジャンボタクシーにて一路南牧村へ。予定より早くの到着となったため登山口手前の線ヶ滝を見学。車道から2分ほどで碧色の滝壷。30mを一直線に落下する滝は朝の光の中で清々しい美しさだった。
 乗車ほどなく登山口に到着。いよいよ「西上州のドロミテ」と聞く立岩を目指す。山裾の小流れには真新しい橋が渡されており、ここにも台風の被害があったことが窺われた。5分ほどで分岐となり右手の直登コースへ。植林された山肌を縫うように登っていくと、いつしか広葉樹の明るい森に。一本目の休憩の後ヘルメットを装着。雑木林の急斜面を進むとザレたルンゼに入り、20mの鎖場を無事過ぎると立岩のコル。ここより稜線歩きとなる。木立の美しい稜線だが、西側はスッパリ切れた痩せ尾根なので気を抜かずに!参加者9名の足取りは軽快。西立岩(1265m)に着くと遠く八ヶ岳の山々を望むことができた。


















 休憩の後、幾つかの痩せた岩稜を鎖で下り、威怒牟畿不動分岐を経て荒船山最高点の経塚山(1422.7m)へ。山頂は西面から吹き上げてくる風が強く、東面斜面で風をよけての昼食となった。さて縦走後半は明るい冬木立の道を行く陽だまりハイク。相沢分岐の先には艫岩展望台があり、正面には薄く煙を吐くどっしりとした浅間山が間近に。絶景の地だが柵のない絶壁で墜死事故多発地点。足元には十分な注意が必要だ。内山峠への下山路は所々露岩があるものの、よく踏みならされておりスムーズに進むことができた。小広い鋏岩修験道場跡を経て内山峠登山口へ到着。予定より1時間半ほど早くの下山となった。帰路途中の「道の駅しもにた」で名産の下仁田葱や手作りこんにゃくを購入。充実した山歩きと美味しいお土産と、上州を満喫した山旅だった。(Y.O.)

 

 

              下山路から仰ぐ艫岩

 

 

<実施日>11月17日(日) <参加者>9名 
<コース>登山口→立岩直登コース分岐→立岩のコル→西立岩→威怒牟畿不動下降点→立岩分岐→経塚山→相沢分岐(艫岩展望台)→鋏岩修験道場跡→内山峠登山口
<天候>晴

2019年会山行 硫黄岳

~むさしの山の会会報「やまびこ」3月号から~

 

1日目: 予報ではこの日はあまり期待できる天気ではなかったが、快晴!みどり池入り口から出発。今年は温かく雪も少ない。登山道は解けた雪が凍りバリバリ。歩き出してほどなくアイゼンを装着。きりりとした空気。キラキラと舞う雪の華。快適なスノーハイクだ。ほどなくしらびそ小屋に到着。みどり池は完全凍結ではなさそうだったが、夏とは全く違った様相で、雪をかぶり、その向こうに見える天狗岳が神々しい。みどり池入り口の標高が1585m。みどり池が2097mだから500m強登ってきたことになる。本沢温泉の標高は2150mなので、ここからはほとんどトラバースだ。からまつの林を抜け本沢温泉に到着。3時半までが石楠花の湯の女性の時間だということで女性陣は慌ててお風呂に向かう。鉄分を含んだ赤くて熱い湯だ。体の芯まで温まる。先にお風呂を済ませた女性たちが女性部屋でビールで乾杯。お風呂から上がった男性陣が女性部屋に来て食事前に盛り上がる。8時消灯。豆炭の入ったこたつがありがたい。

2日目: 朝食をたっぷり食べて出発!今日の標高差は610m。野天風呂の脇を通る。聞くところによると昨日同泊した男性は野天風呂に入ったそうな。今年の雪の量なら確かにここまで来られそうだけど寒いでしょうねぇ。さて、どんどん標高を上げていく。陽がさしてきて温かい。途中一回の休みを挟み夏沢峠へ。ここを超えると樹林の中とはいえ稜線に出て、風も冷たくなる。樹林帯を抜けると石と岩と雪の世界だ。視界が開ける。御嶽山が大きい!大キレットもはっきり!途中で中に1枚着込んで山頂を目指す。ケルンがいくつか見える。顔が少し冷たいが耳を覆えば大丈夫なくらい。祠が見えてきた。いよいよ山頂だ。360度の絶景!北アルプスも中央アルプスも南アルプスも見える。浅間山、遠くに白馬三山、妙高とかも見えているのかな。赤岳は真正面に凛々しく、雪のない蓼科山はおもちゃみたいだ。いつもは風の通り道の硫黄岳ではあるが、今日は大した風もなく穏やか。絶好のコンディション。厳冬期とは思えない雪の少なさではあったが、そのおかげでここまで来られたのかも。リーダーに、お天気に、みんなに感謝!下山はどうしてこんなにも楽なのでしょう。あんなに苦労して登ってきたのに、あっという間に夏沢峠。20分の休憩を取り、下山開始。沢の横を下る。オーレン小屋、夏沢鉱泉を超え桜平へ。タクシーは桜平から少し下ったところで待っていてくれた。ひと安心。アイゼンさんご苦労様。帰りに河原温泉河原の湯で温まり、併設されている食事処かわらで反省会。お勧めです。三鷹帰着19時過ぎ。今回の山行はリーダーが風邪をこじらせたまま敢行してくれました。サブリーダーのサポートのもと足並みがそろい、春を感じる冬山山行でした。皆様に感謝です。(H.M.)

 

 

 

大キレットと槍ヶ岳

 

<実施日>2月23日(土)~24日(日) <参加者>9名 
<コース>1日目 三鷹発7:30→みどり池入口11:00→休憩(昼食)11:40/12:00→
         しらびそ小屋13:05/13:15→休憩14:00→本沢温泉14:45
     2日目 本沢温泉7:20→夏沢峠8:35→硫黄岳9:45/10:10→
         夏沢峠10:40/11:00→オーレン小屋11:15→夏沢鉱泉11:45→
         桜平ゲート12:15→桜平下の駐車場13:07
<天候>2日間とも晴

2018年会山行 四阿山~根子岳

~むさしの山の会会報「やまびこ」7月号から~

 

三鷹駅からジャンボタクシーで菅平高原に向かう。渋滞もなく快適なドライブ。運転手さんは山にお詳しいようで、以前に根子岳から四阿山へ歩いたお客さんが滑落したことがあったというお話を聞きビックリ!気を引き締めた。予定より早く菅平高原駐車場に到着(入山料一人\200)し、身支度を整えて出発。菅平牧場を歩いているだけで右手には北アルプスの山々や槍の先が見え、新緑がとても気持ちがいい。
登山口からしばらくはなだらかな道を、楽しくおしゃべりしながら歩いていく。山桜や山ツツジは咲き始めでまだ蕾も多く、ダケカンバとクマザサが美しい。登山道は歩きやすいが、日差しを遮るものがなく、風もないのでとても暑かった。ここは夏だと暑すぎて不向きかもしれない。渓流にかかる木橋を渡り、ダケカンバの林をぬけると途中視界が開け、素晴らしい風景が広がっている。振り返るとかなり高度を上げたことを実感する。キラキラと白く光るのはレタス畑だとメンバーの方が教えてくれた。
中四阿に到着。ここまできてやっと四阿山の山体が見える。麓を眺めながら昼食をとる。まだまだ登りが続くので腹八分くらいにセーブ。その後ひたすら上っていくと分岐があり、荷物を置いて15分くらい歩くとやっと山頂に着いた。360度の雄大な眺望。あれが浅間山だよ、と教えていただき、眺めの素晴らしさに感激した。でも、朝見えていた遠くアルプスの山々は霞んでいる。あつい雲がかかりはじめ、ちょっと気がかり。根子岳を見下ろすと雪が少しだけ残っているのが見えた。
休憩を早めに切り上げ、根子岳へ向けて下山。この下山道はかなりの急勾配で岩と木の根っこが複雑に絡みあっており歩きにくい。リーダーから「転ばないように」との注意あり、一歩ずつ慎重に下りていく。下り終わってほっと一安心。先ほどいた四阿山を見上げ、これから登る根子岳を見ると一面のクマザサが美しい。皆しばらく足を止めて見とれていた。
ここから笹原を登り、高度を上げていくと大きな岩稜が次々と出現、岩稜の間を登りきれば根子岳山頂の祠がある。曇りでちょっと残念。風が強まり、小さな竜巻が走る、という珍しい光景が見られた。下りはしばらくガレ場があり、その後は緩やかな下山道。眼下に西日でキラキラ光る牧場の展望を楽しみながらダケカンバの中を歩く。普段は暗い樹林帯を黙々と下ることが多いのだが、今回はサンサンと輝く青空の中、心躍るような気持ち良い下山だった。最後に整備された階段を降りると、運転手さんが「おかえりなさい。時間ぴったりですね。」と満面の笑みで迎えてくださり、とてもうれしかった。
3月に来られた方々は眺望が残念ということでしたが今回初めてきた私は美しい山を十分感じることができ、また来たいと思う素晴らしい山行でした。帰り道に食べたソフトクリームのおいしかったこと! ありがとうございました。(T.N.)

 

 ↑花の百名山 根子岳山頂

 ←四阿山登山口


<実施日>5/26(土) <参加者>9名 <コース>三鷹駅北口発6:00―菅平高原駐車場9:33―中四阿山登山口9:38―10:52小四阿10:59―11:42中四阿(昼食)12:06―13:36四阿山・根子岳分岐13:43―13:08四阿山13:17―14:31大スキマ―15:11根子岳15:23―東屋16:26―16:47菅平牧場登山口―20:30三鷹駅 <天候>晴
» 続きを読む